スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

一歩

2010.10.08 Fri

ありがたいことに1000カウント到達した
ユニークアクセスでの1000カウント
いつも見に来てくれる人
リンクや検索で見に来てくれた人
みんなみんなありがとう




いっぽいっぽ

一歩を踏み出すがいい
更なる一歩への礎となるように

一歩を踏み出すがいい
迷い 悩み 苦しみ・・・
葛藤した答えを示すために

一歩を踏み出すがいい
0から1へと進むことの大切さを学ぶために

一歩を踏み出すがいい
大きくとも小さくともその一歩の価値が違わぬことを知るために

そして、振り返るがいい
後ろには無駄な一歩がひとつもないことを知るだろう
その無数の一歩が今を支え形作っていることを知るだろう
その一歩一歩がとても愛おしく思えることだろう


一歩を踏み出すがいい
自分の未来のために



自分へ向けたメッセージ

ノーベル化学賞おめでとう
あの方々はものすごい数の一歩を積み重ねている
自分も小さくとも少しずつ踏み出していかねば・・・
スポンサーサイト

Category:

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0)

PageTop↑

止まったイマ、今でないイマ

2010.07.26 Mon

コッチコッチ

時計の音
風流だとネジを巻いた古時計
お前はどれだけ時を刻んだのだろうか

少なくとも自分よりは長い時を刻んでいるよね
君になら聞いてもいいかな?

あの時、そう・・・イマが進まなくなった4年前
あの時、うん・・・止まったイマはどこにいったのかな?

今、イマはここにはない
わかることは愛するイマが知っているイマと違うってことだけ
教えてくれ、イマは元気に育っているかい?
愛し合ったイマは今も1人で頑張っているかな?

はは・・・と、自傷気味に笑う

君に聞いても仕方ないって知ってる
止まったイマを動かすのは自分だけなのだと・・・

でもね、ついさ・・・君なら色々見てきただろう?
アドバイスでもくれないかなってさ

コッチコッチ

古時計はリズムを刻む
100年前と変わらぬ、今を刻む

コッチコッチ・・・

Category:

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

ふとわいてくる言葉、風景、そして・・・

2010.07.06 Tue

無題

はぁはぁ
呼吸が荒い
ほんの1時間ほどの登山だが傾斜がきつい
手を使わないと登れない
何度登ってもきつい

やっと頂上が見え、後は稜線をたどるだけ

頂上はさわやかな風がふいている
木陰に入りごろんと仰向けに
空は青く、遠い
それでも、平地よりは近い空

手を伸ばす
何かがつかめそうな気がした

びゅう

強い風が吹き木の葉を舞い上げる

「こんにちは」

初老の紳士が立っていた
「こんにちは」
返事を返す
山では知らない人でも何か近く感じる

「お久しぶりですね」
微笑みながら紳士が言う

びっくりした
見たこともない人だ
記憶をたどっても思い出せない
よく見ると変わっている
こんな山の上でタキシードを着ている

「すみません、覚えがないのですが・・・」
正直に伝える

「そうですね、覚えていらっしゃらないのも無理はないですね」
ちょっと考え続ける
「丁度お昼です。昼食をご一緒しませんか?」

困った
携帯食しか持っていない
これを一緒に食べるのはばつが悪く
断ろうと口を開きかけると

「あちらに食事を用意しましたので、遠慮なさらずに」

指されたほうを見るとテーブルに椅子、そして食事が用意されていた
新緑の中の白いテーブルクロスがいっそう輝いて見えた

席に着くと決して豪華とは言えないが
素敵な食事がテーブルを彩る

「あなたは覚えていないとおっしゃりましたが
私は昨日のことのように覚えていますよ」
紳士は微笑みながら言う
しかし、どうしても思い出せない

「まぁ、覚えていらっしゃらないのも仕方ありません
あなたがこんな小さな頃でしたから」
紳士は懐かしげに言う

「思い出せなくて申し訳ないです」
小学生の頃はよく登った
その頃の記憶を探っても出てこない

「いえいえ、いいのです。私がたまたま覚えていただけですから」
紳士は笑って答える

「ここも様変わりしましたね」
昔の風景とは違う頂上
すぐ下まで車で来れるようになってしまった
そして、キャンプスペース
折角の登山が人工物を見ると味気ないものになってしまう

「そうですね、ちょっと寂しくなりましたね」
紳士は遠くを見つめ答える
周りを見渡すと連なる山々と、東のかなたに海がきらめいている
これだけは変わらない風景

「あなたは今でも登山道を登ってくるのですね」
思い出したかのように紳士が言う
「まぁ、車できても面白くないですから」
苦笑いしながら答える

「そうですか」
とても嬉しそうに微笑んでいる
あぁ、この人も山が好きなんだなぁ
自分も嬉しくなる

風、鳥の声、虫の音、時を忘れる

「それでは、そろそろおいとまします。
あなたと話せて楽しかったですよ」

私も楽しかったと伝えようと口を開きかけた瞬間

びゅう

風が吹き思わず目を閉じる

気がつくと木陰の下で横になっていた
夢・・・だったか・・・

立ち上がり周りを見渡す

あっ!
ここだ!この木の下で家族でお弁当を食べたんだ
幹に頭をくっつける

ごつごつした感触

びゅう

風が吹く

Category:

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

草原

2010.06.17 Thu

広い広い草原に老婆と少年が立っています
さわやかな風が笑いながら駆け抜けていきます

少年は聞きました
「おばあちゃん、道が消えちゃってるよ」

老婆は微笑みながら答えます
「そうね、消えちゃっているわね
 でも安心おし、道はまだできていないだけだから」

少年は首をかしげます
「う~ん、じゃあいつできるの?」

老婆は少し空を見上げ、そして少年を見て答えます
「好きなこと、なりたいもの、何でもいいから思い浮かべて
 足を踏み出してごらん。するとね、道ができるのよ」

少年はちょっと考えて
「よし!これだ!」
と、勢いよく踏み出しました
すると、少年の足元に道ができています
さっきまでは無かった道です

少年は振り向き、目を輝かせて言いました
「本当だ!すごいすごい!」
老婆は少年を見つめながら微笑んでいます

「おばあちゃんもおいでよ!」
少年は満面の笑みをうかべ言いました

老婆は寂しげに笑いながら答えます
「私はその道を歩くことは出来ないんだよ」

少年はびっくりして聞きます
「なんで?おばあちゃん足痛いの?」

老婆は答えます
「いいえ、足は痛くないのよ
 ただね、その道は私の道じゃないの」

少年はちょっとふくれっつらで言います
「わかんないよ!僕はおばあちゃんと一緒がいいんだ」

老婆は微笑んで言います
「ごめんね、ずっと一緒には歩けないのよ
 ただね、とってもいいことを教えてあげる」

少年は納得できないといった顔で聞きました
「どんなこと?」

「それはね・・・」
老婆は空を見上げます
つられて少年も空を見上げます

「どんなに違う道を歩んでいても
 とってもとっても遠い道でも
 みんな同じ空の下にいるってことよ」

空はどこまでもどこまでも青く澄んで
ふたりを包み込んでいます
風はちょっと意地悪にひゅるっと
うずを巻いて駆け抜けていきます

空が青から赤へと変わる頃
草原には2本の道が寄り添うように続いていました




ハァハァε-(。_。;)ノ┃木┃
文才ほしいな・・・
あるのは努力をしない才能だけだ
努力をしない才能なら負ける気がしない
ダメ人間
消えて無くなればいいのに

Category:

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0)

PageTop↑

 | HOME | 

訪問者監視システム

えと・・・来た人がどのくらいいるかです!

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

ちー改め うるる!

Author:ちー改め うるる!
走ったり登ったり
動物と触れ合ったり
ゲーム作ったり
そんな毎日

制作関連リンク

WOLF RPGエディター公式サイト
WOLF RPGエディター公式サイト

ウディタサーチ
ウディタサーチ

音楽素材/魔王魂
歌物からSEまで幅広い音楽素材がいっぱいです

ANOTHER_0
とても素敵な絵を描かれる1cmさんのサイトです
MOBグラお借りしてます

とも職さんち
MOBグラをお借りしているサイトです
リアルなタッチで細部まで細かく描かれています

blackscrap
顔グラをお借りしているサイトです
バリエーションが豊富です

mio
お気に入りのアーティストmioさんのページです
同じ空の下で(仮)エンディングテーマ曲になる!(予定では終わらせない・・・)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。