スポンサーサイト

--.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)

PageTop↑

ライド&クライム

2010.07.19 Mon

また、走って登ってきました!
まずは大量の写真をどうぞ!

海と山
右に行けば山左に行くと海
すごく珍しいと思わない?
内海が入り込んだ地形は結構ある
でも、その場合海は岩の海岸で砂浜や平野はないんだ
でも、ここ高萩にはある!自慢の自然さ!

ダム1
第1チェックポイントのダム
ここまでが恐ろしくしんどい
ここの説明はまた長い長い続くに書いてありま

ダム2
ダムその2
ここが茨城県の第2位の観光地なんだってさ
ふ~んって思ってた
でもね、今ならわかる気がする

船壁右
今日登った<飯田橋船壁>
まぁあんな形してる
傾斜は100°くらいかな
かなりの初心者岩

船壁左
<飯田橋船壁>左正面

周辺1
岩周辺の風景
今日は3連休最終日だったけど人がいっぱいだった
このキャンプ場は小さい頃から何度も着ているところ
その頃は観光地でもなんでもなくて
地元の人か、ここが地元の人が長期休暇に来るだけだった
それが今では繁忙期になると駐車場が有料になる盛況ぶり
大型観光バスもかなり来る

最初はね、県や市が一生懸命宣伝したんだろう?
って思ってた
だって、自分にとっては当たり前の風景だったから
でもね、自力で登ってたどり着いた先にあったこの景色は・・・
何度も何度も書いてる、綺麗だと
それでも伝えきれない、そんな景色だったんだ

周辺2

周辺3

周辺4

周辺5

周辺6
これ砂防ダムに見えるでしょ?
天然の岩なんだよ
この滝つぼに子供たちがダイブしてた
自分もこの子たちと同じ頃、同じ場所で同じ事してたなぁ

さてさて、今度もなが~~~~い続く
クライム&ライド

10:05 出発

コンビニに寄りおにぎり3つ&飴
思った・・・おにぎりなら作ってもらえばよかったw

10:23 海と山の分かれ道をパシャリ
ここからクライムヒル

やっぱりしんどい
今日は真夏日31℃快晴
挑む者に自然は優しくない

10:44 ダム着
2度のレスト後やっとダム到着
頭から氷水どぼどぼ
ちょっと熱中症の症状が出ている

このダムは初日の出スポットでもある
なぜならこのダムの上から海が見える
そこから昇る初日の出
綺麗なんだろうなぁ

10:55 そば屋着
スポーツドリンクを補充
さすがに今日は減りが早い
氷水をかぶりしばし休憩

今日は目的地が決まっているから
靴は履き替えずまた登る
前の日記ではここから先は書いていないが
ここからもずっと急な坂だ
休まず突き進むと結構きつい

とりあえず"0と1"へ
2日の晴れでもまったく乾いていない
登るのは無理

仕方なくキャンプ場近くの岩<飯田橋船壁>
子供がわんさか水遊び
岩の前の滝つぼにみんなでダイブしてる
一瞬
「おっちゃんもい~れて!」
と、割り込みダイブしそうになるがぐっとこらえる
(--、)ヾ(^^ )大人になったね

子供の見ている前で危険なことは出来ないので
岩を掃除しながら昼食をとりにいなくなるのを待つ

日の当たる方は乾いていたが
右側は乾いていなかった
左をメインに色々さわる
1.8mしかないと立ってスタートすると1手で終わる
そこで、シットダウンスタートを試みるも
マットなし、スポッターなしでは危険
お尻の骨が
「俺・・・折れる自信100%だから」
って言ってる気がしてやめる

ガバやカチがいっぱいあるから
簡単だけど今の自分には面白い
あれやこれや触りながら土やコケを取る

ある程度ホールドが磨けたらたまらなくなって
チョークを塗りシューズを履き替える
久しぶりの液体チョーク
手が真っ白になる

左手カンテと右手上部でスタート
左右にトラバースできないか試すが足が悪い
無理は出来ないからそのまま
上部奥のガバでマントル返して終了

あぁ、外岩ってこうだったよなぁ
ジムにはないホールド、ドキドキ感
たった1手課題だけどたまらない

あれやこれや試してみると
全部きれいにしないと、課題は増やせない

岩の上に登りコケを落とす

なんかさ、考えちゃうんだよね
コケ落として登る・・・
いいのかなこれで・・・?
これって自然壊してるよね?

自分の気持ちの折り合いがつかない

でも、もう結構コケは落としている
ならば、精一杯遊ぼう!そうしよう!
そう割り切ることにした!

ごめんごめんと心の中で謝りながらコケを落とす
ついでにチョーク跡も水で洗い流す
次回は掃除道具を持ってきて完全にきれいにしよう!
そんで、いっぱい登ってやろう!

山の神様、また来るでよ、よろしくな

クタクタになって帰り支度
(ΦωΦ)ふふふ・・・

実は昨日サイクルコンピューター(ようはスピードメーター)
がきて付けたのさ!
本当は今日来る予定だったのに昨日きたw
やるなAmazon!!

往路のデータをリセットし下りを走り出す
40km/h前後で下る、まだ本番じゃない
力を温存させながらダムへ

あ~もうなんだろう・・・
気持ちが逸る
車が来ていないのを確認し
トップギアの重たいペダルを踏み込む
メーターが35から50へ跳ね上がる
最初のコーナー手前で足を止める
ここが最速コーナー
進入速度60km/hノンブレーキ
楽にコーナーを曲がりきる
そこからふもとまで50km/hを下回ることはなかった

家に帰りリザルトを確認する

はは・・・
最高速度66.3km/h
見たか!人間だって60km/h超えられるんだぜ!
まぁ直線の少ないあそこでは70km/hは無理かなぁ

しっかし、往復で18kmだもんなぁ
近いよなぁ
人力ではきついけどw


こっから下は、まぁあれです
===========================================================


森の中
空は青い・・・青い
風が吹き木々がざわめく
川の音・・・滝に落ちる音
つくつくほうしの声

タバコふかしながら考えた
なんで人は挑み続けるのだろうか?
標高7000、8000m人はもちろん
生物が生きられない高さ
雪山・・・毎年遭難者が出る
酸素ボンベも着けずに100m以上潜る
フリーダイビング
全身の酸素を感じ取り帰りの分を残すんだってね
フリークライミング
誰がほめる?岩をただ登ってるだけだぜ?
ロードレーサー
ツールドフランスのダウンヒルで何人も死んでる
そこまでとばしてどうする?
パリダカ
操作をひとつ誤れば死がそこにある
治安の悪いところで人質にとられることも
殺されることもある

なぜ・・・なぜ挑むのか

イギリスの登山家ジョージ・マロニーは
なぜ登るのかという問いに
「そこに山があるからだ」
と、答えたのは有名な話だ

野生動物はさ、生き残り子孫を残すことが目的だよね
人間は文明の発展のおかげでその目的がたやすくなったんだよね
だから・・・だから挑むんじゃないだろうか
自分の限界に、人間の限界に

いや、自分は違うよ!ってみんな言うと思う
好きだからやってるんだ!ってさ
それも正解
でも、その裏に何がある?
考えたことある?

生きることから逃げ続けもう30の声がかかりそうな
そんな自分が必死に考えた
なぜ自転車で60km/hオーバーのスピードで走るのか?
死にたいからじゃない
でも、どこまでできるか知りたい・・・
自分は誰なんだ?なぜ生きている?
このまま何にも挑まずに死んでいくのか?
いやだ・・・いやだ!

フリークライミングってさ常に自分の限界と戦える
そんなスポーツなんだ
言い訳はいくらでもできる
「調子が悪かった」、「怪我してる」、etc
でも、結果は登れた、登れないの2つだけ
そんで
"登れないのは力不足"
いくら言い訳しても結局これに尽きる
だから好きなのかもしれない
言い訳ばかりで生きてきたから
逃げられないから・・・

逃げられないから・・・
逃げたくないよ・・・
でも・・・しんどい
偽り続けることに疲れた・・・
さらしちゃえ・・・


最後まで読んだ方お疲れ様です
そして、ありがとう
自分でも読んでて疲れたよw
ではまた
スポンサーサイト

Category: アウトドア(climb&ride)

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

訪問者監視システム

えと・・・来た人がどのくらいいるかです!

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

ちー改め うるる!

Author:ちー改め うるる!
走ったり登ったり
動物と触れ合ったり
ゲーム作ったり
そんな毎日

制作関連リンク

WOLF RPGエディター公式サイト
WOLF RPGエディター公式サイト

ウディタサーチ
ウディタサーチ

音楽素材/魔王魂
歌物からSEまで幅広い音楽素材がいっぱいです

ANOTHER_0
とても素敵な絵を描かれる1cmさんのサイトです
MOBグラお借りしてます

とも職さんち
MOBグラをお借りしているサイトです
リアルなタッチで細部まで細かく描かれています

blackscrap
顔グラをお借りしているサイトです
バリエーションが豊富です

mio
お気に入りのアーティストmioさんのページです
同じ空の下で(仮)エンディングテーマ曲になる!(予定では終わらせない・・・)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。